2017年 03月 20日

ヒオウギ

b0168000_14232025.jpg
b0168000_14233467.jpg

ヒオウギ Chlamys nobilis
 和名の由来は、緋扇と思いがちだが、そうではなく檜扇からきている。
 強い放射肋の間隔や太さは規則的で、美しい。
 また色のバリエーションも多い。

 写真の標本は福井県美浜町で採集.

[PR]

# by shellsfukui | 2017-03-20 14:34 | イタヤガイ科 | Comments(0)
2017年 03月 06日

ヤマトシジミ

b0168000_17191372.jpg
ヤマトシジミ Corbicula japonica

 汽水域にも生息し、宍道湖のものは食用としてもよく知られている。
 磨耗した貝殻には色の異なった成長肋が目立つ。

 写真の標本は敦賀市赤碕にて採集。



.

[PR]

# by shellsfukui | 2017-03-06 17:22 | シジミ科 | Comments(0)
2017年 02月 28日

アラレガイ

b0168000_1683395.jpg


アラレガイ Niotha variegata

 この仲間は科の名前にあるムシロガイをはじめ、みな腐肉食のスカヴェンジャーである。
 他の仲間に比べて大きめで、螺塔が低めである。縦肋上の顆粒は強い。

 写真上の標本は美浜町坂尻にて採集

 写真下の標本は敦賀市白木海岸で採集、殻頂まできれいに残った貝殻だったので写真追加しました。
b0168000_17092915.jpg










[PR]

# by shellsfukui | 2017-02-28 00:07 | ムシロガイ科 | Comments(0)
2017年 01月 01日

ウネボラ

b0168000_16473019.jpg


ウネボラ Gyrineum natator

 アラレボラとも言う。殻高は2.5cmほどに成長するフジツガイの仲間で、やや潰れた殻の形となり、左右に強い縦張肋をもつ。

 福井県美浜町で採集






[PR]

# by shellsfukui | 2017-01-01 07:46 | フジツガイ科 | Comments(0)
2016年 12月 05日

ツグチガイ

b0168000_22302029.jpg
b0168000_22304679.jpg


ツグチガイ Primovula triticea

 ウミウサギの仲間は刺胞動物の表面に取り付いて生活します。ツグチガイのよく付着するのはイソバナで、その色に体色をあわせています。
 私はまだ福井でツグチガイに出会ったことはありませんが、この標本は、敦賀のビーチコーマー「金妻さん」が見つけられ、kinさんが撮影された写真を使わせて頂きました。

 最近記録に無いようなので、知られていないかと思っていましたが、昔のリストにあるようでした。そこで再チェックしたところ、古川・窪田の福井県産貝類目録(1947)に載っていました。このリストはドレッジ採集がかなり多数を占めているようです。
 ただ、近年の福岡さんらによる福井の打ち上げ貝(2008)には載っておらず、これは産地の特定できた貴重な標本で。まさにビーチコーミングの成果ですね。

 写真の標本は福井県美浜町で採集






[PR]

# by shellsfukui | 2016-12-05 22:40 | ウミウサギ科 | Comments(2)
2016年 11月 10日

タマキビ

b0168000_223413.jpg


タマキビ Littorina brevicula

 小さな円錐の殻を持ち、表面に流れる二本の畝は深い。臍孔は無く、蓋もある。
 海岸の岩礁に多く、夏場は海水を避けて岩のくぼみなどに密集する。

 数は多い貝だが、ビーチコーミングで貝拾いをしていても多い貝ではない。生きた貝を探すのはたやすいが、中身の抜けた殻を捜そうと思うと、なかなか見つからない。









[PR]

# by shellsfukui | 2016-11-10 22:09 | タマキビ科 | Comments(0)
2016年 10月 30日

モモエボラ

b0168000_22371681.jpg


モモエボラ Cancellaria sinensis

 貝殻は卵形で、他のコロモガイの仲間に比べて、丸みが強い。殻の表面に見られる彫刻も繊細で布目状になる。写真の標本は磨耗が強く、良い標本ではないが、これ一つしか採集していない。

 写真の標本は敦賀市白木にて採集






[PR]

# by shellsfukui | 2016-10-30 22:42 | コロモガイ科 | Comments(0)
2016年 08月 02日

ヒメルリガイ

b0168000_1328226.jpg


ヒメルリガイ Janthina umbilicata

 福井では非常に漂着例の少ないアサガオガイ科の貝で、これまでに福井市三里浜で記録がある。
 ルリガイとの違いは、名前の通り小さなサイズにもあるが、殻口を見た横のシルエットが◆型になっており、ルリガイよりも丸みが少ない。また殻の色もルリガイよりも濃く、淡いウルトラマリンの色となる。そして殻口の湾入が深いことがあげられる。







[PR]

# by shellsfukui | 2016-08-02 00:27 | アサガオガイ科 | Comments(2)
2016年 07月 27日

アサガオガイ

b0168000_12455052.jpg


b0168000_18291758.jpg


アサガオガイ Janthina janthina

 体外に粘膜質の浮嚢を出し、その浮力で海面に浮かぶ浮遊生活をする珍しい貝の一つで、繁殖も浮遊しながら行う。そして餌には青い色のカツオノエボシ、カツオノカンムリ、ギンカクラゲなどである。
 アサガオガイの殻高は低めで、上半分は明るく淡いブルーであるが、下半分は濃い紫色。アサガオガイの亜種にコシダカアサガオガイがあるが、これは日本海側ではまだ見ていない。

 この貝を探すのなら、餌となるカツオノエボシ、カツオノカンムリ、ギンカクラゲの打ち上げられた近くを探すと良い。また普通の貝ラインではなく、軽めの漂着物ラインを探したほうがよい。

 写真の標本は美浜町松原海岸にて採集








[PR]

# by shellsfukui | 2016-07-27 12:52 | アサガオガイ科 | Comments(2)
2016年 06月 10日

アワブネガイ

b0168000_17365648.jpg


アワブネガイ Crepidula gravispinosus

 平たいアワビ型の貝殻で、他のものに着生する。殻頂が片寄り、外面には短い突起が放射状に見られる。
 内面には白い隔壁が見られる。

 この貝の別名はクルスガイで、その由来はポルトガル語のCruz/十字架であるが、内側をキリスト教でマリア像を安置しておく厨子に見立ててつけられたそうだ。

 写真の標本は敦賀市で採集






.
[PR]

# by shellsfukui | 2016-06-10 17:46 | カリバガサガイ科 | Comments(0)