2016年 11月 10日

タマキビ

b0168000_223413.jpg


タマキビ Littorina brevicula

 小さな円錐の殻を持ち、表面に流れる二本の畝は深い。臍孔は無く、蓋もある。
 海岸の岩礁に多く、夏場は海水を避けて岩のくぼみなどに密集する。

 数は多い貝だが、ビーチコーミングで貝拾いをしていても多い貝ではない。生きた貝を探すのはたやすいが、中身の抜けた殻を捜そうと思うと、なかなか見つからない。









[PR]

by shellsfukui | 2016-11-10 22:09 | タマキビ科 | Comments(0)


<< ツグチガイ      モモエボラ >>