福井の打上げ貝

fukuishell.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 05日

ツグチガイ

b0168000_22302029.jpg
b0168000_22304679.jpg


ツグチガイ Primovula triticea

 ウミウサギの仲間は刺胞動物の表面に取り付いて生活します。ツグチガイのよく付着するのはイソバナで、その色に体色をあわせています。
 私はまだ福井でツグチガイに出会ったことはありませんが、この標本は、敦賀のビーチコーマー「金妻さん」が見つけられ、kinさんが撮影された写真を使わせて頂きました。

 最近記録に無いようなので、知られていないかと思っていましたが、昔のリストにあるようでした。そこで再チェックしたところ、古川・窪田の福井県産貝類目録(1947)に載っていました。このリストはドレッジ採集がかなり多数を占めているようです。
 ただ、近年の福岡さんらによる福井の打ち上げ貝(2008)には載っておらず、これは産地の特定できた貴重な標本で。まさにビーチコーミングの成果ですね。

 写真の標本は福井県美浜町で採集






[PR]

by shellsfukui | 2016-12-05 22:40 | ウミウサギ科 | Comments(2)
Commented by kin at 2016-12-07 18:50 x
今日の記事でリンクさせていただきました^^
Commented by beachcomberjp at 2016-12-12 10:43
Kinさん、
 ありがとうございました。
 やはりじっくり探される奥様さすがです。
 また何かあれば、教えてくださいね。




<< ウネボラ      タマキビ >>