カテゴリ:マルスダレガイ科( 15 )


2011年 11月 04日

サツマアカガイ

b0168000_19212269.jpg
 新しく大きな標本が採集できたので、追加写真アップです。大きな標本で見ると、輪肋の向こうに網代模様も見えます。


b0168000_14175259.jpg


サツマアカガイ  Paphia amabilis
 スダレガイによく似ており、福井では生息地もほぼ重なっている。
 殻の表面にある輪肋が角張って(輪肋断面)いる。
 写真上の標本は福井市三里浜、写真下の標本は、坂井市浜地で採集。



 ちと、驚くべき現象がおきています。ふだん10人も来ればよいほどのこのブログ、夏休み後半から激増!ユニークユーザー数で60ほどの日も・・・! これって夏休みの宿題効果でしょうか?(笑)
[PR]

by shellsfukui | 2011-11-04 19:24 | マルスダレガイ科 | Comments(4)
2011年 03月 14日

ハネマツカゼ

b0168000_18452549.jpg


ハネマツカゼガイ Irus macrophyllus

 四角い貝で成長肋が目立ち、間隔は広く、その縁は高くなる。
 殻頂がピンクに染まる殻もある。

 美浜町水晶浜で採集
[PR]

by shellsfukui | 2011-03-14 23:08 | マルスダレガイ科 | Comments(0)
2010年 03月 03日

ヒメカノコアサリ

b0168000_19163345.jpg


ヒメカノコアサリ Velemolpa micra

 放射肋が目立つカノコアサリの仲間で、肋の上に鱗状の突起がある。

 写真の標本は福井市三里浜砂丘で採集
[PR]

by shellsfukui | 2010-03-03 18:00 | マルスダレガイ科 | Comments(2)
2009年 05月 16日

シナハマグリ

b0168000_16402530.jpg


シナハマグリ Meretrix petechialis

 このシナハマグリは浜辺よりもスーパーなどの店先で見る貝だ。
 値段も安く、日本産のハマグリと比べたら、べらぼうに安い。
 そんなわけで三里浜砂丘で稀に見られるが、この地域に生息しているというよりも、食べられた殻がどこかに捨てられ、それが寄ったと思われる。

 写真の標本は福井市三里浜砂丘で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-05-16 11:38 | マルスダレガイ科 | Comments(4)
2009年 04月 18日

シラオガイ

b0168000_20262988.jpg


シラオガイ Circe scripta

 殻はやや厚めだが、ふくらみはとても少ない。
 殻表には規則的な輪脈があり、濃い褐色をした2本の放射帯の個体が図鑑などで図示されているが、写真のように無地や網目模様もあって、バリエーションは豊富だね。

 写真の標本は美浜町にて採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-04-18 11:14 | マルスダレガイ科 | Comments(2)
2009年 04月 15日

ケマンガイ

b0168000_20501344.jpg


ケマンガイ Gafrarium divaricatum(写真上と右下)
Gafrarium sp (写真左下)
 殻表に分岐状の放射肋、この模様はVが幾重にも重なったように見える。
 殻は厚めだが、ふくらみは弱い。

 写真の標本は美浜町で採集

 貝に詳しいzaimokuzaさんから、右下の写真はケマンガイではなく、ホソスジイナミガイではないかとのご指摘を頂いた。
 近海図鑑など、いろいろあたってみたのですが、はっきりしませんでした。
 ただ、シルエットや内側はケマンガイに極めて似ているので困ってしまいました。
 そんなわけで上記のようにspにしておきます。
[PR]

by shellsfukui | 2009-04-15 18:17 | マルスダレガイ科 | Comments(4)
2009年 04月 13日

ハナガイ

b0168000_20411631.jpg


ハナガイ Placamen tiara

 小さな殻で、ふくらみは弱く、殻頂は前に曲がっている。
 殻表には板状の輪肋が目立ち、その上に放射彩が見られる。

 写真の標本は美浜町水晶浜で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-04-13 18:11 | マルスダレガイ科 | Comments(6)
2009年 04月 12日

マツヤマワスレ

b0168000_210766.jpg


マツヤマワスレ Callista chinensis

 殻表には光沢があり、紫色を帯びたものは美しい。
 ただ殻表の色にはバリエーションがあり、「八字型」の放射彩がある個体もある。

 写真の標本は福井市鷹巣海水浴場で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-04-12 15:33 | マルスダレガイ科 | Comments(2)
2009年 04月 12日

ワスレガイ

b0168000_2092869.jpg


ワスレガイ Cyclosunetta menstrualis

 殻は分厚く、ふくらみは少ない。
 殻の表面には紫色の文様が見られるが、新鮮な打上げ貝では、薄茶色の殻皮に被われている。

 忘れ貝・・・と和歌にもうたわれたが、それはワスレガイを指すものではないようだ。

 写真の標本は福井市三里浜砂丘で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-04-12 15:33 | マルスダレガイ科 | Comments(4)
2009年 04月 10日

マルヒナガイ

b0168000_19372339.jpg


マルヒナガイ Phacosoma troscheli

 ヒナガイに似ているが、識別のポイントは月面にある。
 マルヒナガイの月面は深く、褐色をしている。

 写真の個体は殻表、殻内側の褐色が強いものだが、白いものもある。

 写真の標本は坂井市三国町で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-04-10 22:56 | マルスダレガイ科 | Comments(0)