カテゴリ:バカガイ科( 7 )


2010年 04月 15日

ヒラカモジガイ

b0168000_13211748.jpg



ヒラカモジガイ  Lutraria sieboldii

 殻は長楕円形に広がり、殻は薄い。前後は開き、後方がより開く。

 写真の標本は福井市三里浜砂丘で採集
[PR]

by shellsfukui | 2010-04-15 23:51 | バカガイ科 | Comments(10)
2009年 11月 22日

チヨノハナガイ

b0168000_22254862.jpg


チヨノハナガイ  Raetellop pulchellus

 半透明な薄い貝殻で、輪肋は波状となる。

 写真の標本は三国サンセットビーチで採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-11-22 18:21 | バカガイ科 | Comments(2)
2009年 11月 09日

黄色いベニハマグリ

b0168000_21585612.jpg


ベニハマグリ Mactra ornata

 ベニハマグリは以前紹介したが、気になっていた黄色い貝がベニハマグリと判明した。
 これまでも時々見かけていた黄色いバカガイの仲間が気になっていた。

 2009年10月末の三里浜でも殻をいくつか拾い、ベニハマグリでは・・・と思うようになった。
 そして11月のはじめ、浜地海岸で合弁の黄色いやつを拾い、同時にふつうのベニハマグリ合弁も拾った。どちらも11月3日の荒れで打ち上げられたものだろう。
 拾い上げた個体は、表面光沢も同様にあって、色の変異と言うことに落ち着きました。

 写真の標本は、坂井市浜地水浴場で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-11-09 22:43 | バカガイ科 | Comments(2)
2009年 05月 06日

ベニハマグリ

b0168000_15343020.jpg


ベニハマグリ Mactra ornata

 殻は薄く、表面には赤茶色の模様がある。その上に重なる放射帯上は色が濃くなっている。
 和名にはハマグリとつくが,蛤とは違いバカガイの仲間で殻がとても薄い。

 写真の標本は、福井市鷹巣海水浴場で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-05-06 16:16 | バカガイ科 | Comments(2)
2009年 05月 05日

バカガイ

b0168000_1632117.jpg


バカガイ Mactra chinensis

 チゴバカガイが多い三里浜では、小さな個体の識別は迷ってしまうかもしれませんが、このくらいの固体になるともう大丈夫ですね。
 これくらいのサイズにもなれば、輪肋がしっかり目立ってきますからね。

 写真の標本は福井市三里浜砂丘で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-05-05 16:36 | バカガイ科 | Comments(0)
2009年 04月 26日

チゴバカガイ

b0168000_205763.jpg


チゴバカガイ Mactra nipponica

 バカガイに似ているが、そんなに大きくならず、特に殻の放射彩がハッキリした美しい貝
 学名にニッポニカとあるので、日本近海の固有種だろうね。

 写真の標本は福井市三里浜砂丘で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-04-26 10:33 | バカガイ科 | Comments(4)
2009年 04月 24日

アリソガイ

b0168000_20455356.jpg


アリソガイ Coelomactra antiquata

 殻頂周辺が薄紫色になるバカガイの仲間。
 貝は大きくなり、10センチを軽く超す個体も多いが、殻は薄めで割れやすい。

 写真の標本は坂井市三国町で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-04-24 19:21 | バカガイ科 | Comments(2)