福井の打上げ貝

fukuishell.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ウミギク科( 2 )


2010年 02月 06日

チリボタン・2

b0168000_11573954.jpg



チリボタン Spondylus cruentus

 チリボタン・散牡丹は前にも紹介したが、先日美しい標本が入手できたので、再度紹介したい。

 福井沿岸では、美しいチリボタンの打ち上げは珍しいことではないが、表面にはコケムシやら、カンザシ類、それに石灰分の付着でクリーニングに手間がかかる。

 1月末に福井市三里浜砂丘で拾ったチリボタン、付着物も無くこの状態でした。見事なものですね。
[PR]

by shellsfukui | 2010-02-06 12:25 | ウミギク科 | Comments(4)
2009年 05月 03日

チリボタン

b0168000_2242168.jpg


チリボタン Spondylus cruentus

 和名の散り牡丹とは、うまい名付けだと、つくづく思う。目八譜にもあるように、この殻を牡丹の花びらに例えたところなど、きょう日の「カエルアンコウ」なる和名を考え出す輩とは、比べものにならない。
 細かな突起のあるのは左殻で、上の写真にあるのがそれ。


b0168000_2311910.jpg

 こちらは右殻で、岩や礫に付着するため、異形となっている。


b0168000_2341297.jpg

 合弁のチリボタンはこのようになる。左側にあるのが右殻で、右側にあるのが左殻だ・・・なんだか分かりにくいね。

 写真の標本は福井市三里浜砂丘、美浜町で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-05-03 23:49 | ウミギク科 | Comments(2)