福井の打上げ貝

fukuishell.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:イタヤガイ科( 9 )


2017年 03月 20日

ヒオウギ

b0168000_14232025.jpg
b0168000_14233467.jpg

ヒオウギ Chlamys nobilis
 和名の由来は、緋扇と思いがちだが、そうではなく檜扇からきている。
 強い放射肋の間隔や太さは規則的で、美しい。
 また色のバリエーションも多い。

 写真の標本は福井県美浜町で採集.

[PR]

by shellsfukui | 2017-03-20 14:34 | イタヤガイ科 | Comments(0)
2016年 02月 01日

ツキヒガイ

b0168000_1224188.jpg


ツキヒガイ Amusium japonicum japonicum

 殻の左右が紅白になり、めでたいイメージの貝
 南方系の貝で、図鑑では山口以西・・・とあった
 片殻しか拾って無いので、たぶん生息しているとは思うが、福井で拾ったのはこの1個体のみなので、捨てられた可能性も否定できない。
 この殻は白っぽく右殻に見えるが、表面の凹部には濃い赤が残っており、赤い左殻の表面が磨耗して白っぽくなったモノと思われる。

 福井県美浜町坂尻にて採集
[PR]

by shellsfukui | 2016-02-01 07:07 | イタヤガイ科 | Comments(0)
2009年 06月 06日

タジマニシキ

b0168000_1715378.jpg


タジマニシキ Bractechlamys quadrilirata

 規則的な放射肋の上には4本の細かな放射肋が重なっている。

 写真の標本は福井市三里浜砂丘で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-06-06 18:45 | イタヤガイ科 | Comments(2)
2009年 06月 01日

ニシキガイ

b0168000_17572319.jpg


ニシキガイ Chlamys squamata

 5本の強い放射肋があり、その肋上には鱗片状突起がある。
 紅色っぽい個体が多い。

 写真の標本は福井市三里浜砂丘で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-06-01 22:08 | イタヤガイ科 | Comments(4)
2009年 05月 26日

キンチャクガイ

b0168000_1781559.jpg


キンチャクガイ Decatopecten striatus

 極めて太い放射肋の上に、細かな放射肋が重なっている

 写真の標本は高浜町(左)、鷹巣海水浴場(右)で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-05-26 23:20 | イタヤガイ科 | Comments(2)
2009年 05月 22日

イタヤガイ

b0168000_1659458.jpg


イタヤガイ Pecten albicans

 学名にあるペクテンは、子供のころに岐阜県瑞浪へ化石を掘りに行くようになって、イタヤガイよりも先に覚えた名前だ。
 膨らんだ右殻と,平らな左殻からなり,ハナイタヤに比べ、放射肋の上面がずっと滑らかである。

 写真の標本は福井市三里浜砂丘で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-05-22 22:23 | イタヤガイ科 | Comments(2)
2009年 05月 19日

ハナイタヤ

b0168000_07517.jpg

ハナイタヤ Pecten sinensis

 イタヤガイ類の貝殻は殻が丸く膨らんだ右殻と、平らな左殻で成り立っています。

 写真にあるのは模様がエキゾチックなハナイタヤの左殻です。
 イタヤガイに比べ、殻の内側に向かって凹んでいるのが特徴です。

 写真の標本は三里浜砂丘で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-05-19 20:54 | イタヤガイ科 | Comments(2)
2009年 05月 13日

チヒロガイ

b0168000_0365896.jpg

チヒロガイ Excellichlamys spectabilis

 小型で扇形をした美しい貝。
 12本ほどの放射肋をもつ

 写真の標本は福井市三里浜砂丘で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-05-13 17:28 | イタヤガイ科 | Comments(2)
2009年 05月 11日

ナデシコガイ VS ヒオウギ

b0168000_23461591.jpg


 ナデシコガイとヒオウギは、姿形の雰囲気が近いので、一緒くたにされてないでしょうか?
 わたしも昔は、そうでしたからね。
 ちなみに上の写真で違いが分かりますか?


b0168000_23493388.jpg

ナデシコガイ Chlamys irregularis
 この名前が植物のナデシコの花から来たとすれば、それにぴったりなのは左下にあるナデシコガイだろう。
 ただ、このように淡いピンク色をした殻は少なく、赤っぽい殻やオレンジっぽい殻のほうが多い。 
 殻の表面には、細かな放射肋が多数あり、肋の間隔や太さは規則的ではない。

b0168000_23495296.jpg

ヒオウギ Chlamys nobilis
 和名の由来は、緋扇と思いがちだが、そうではなく檜扇からきている。
 強い放射肋の間隔や太さは規則的で、美しい。
 また色のバリエーションも多い。


 一番上の写真で、左側の三つがヒオウギ、右側の二つがナデシコガイですね。

 写真の標本は福井市三里浜砂丘で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-05-11 17:37 | イタヤガイ科 | Comments(2)