カテゴリ:クダマキガイ科( 4 )


2016年 05月 01日

マダラクダマキガイ

b0168000_19172034.jpg


マダラクダマキガイ Lophitoma indicum

 螺塔が高く、螺肋の上に褐色の点がつながる。水管溝は長い。
 南方系の貝と言われている。

 写真の標本は美浜町水晶浜で採集
[PR]

by shellsfukui | 2016-05-01 19:16 | クダマキガイ科 | Comments(0)
2016年 04月 01日

オハグロシャジク

b0168000_21411283.jpg


オハグロシャジク Clavus japonicus

 全体に黒っぽいシャジクガイで、外唇の湾入は、縫合の下で深くなる。若狭地方の砂泥海岸では普通に見られる貝である。

 写真の標本は美浜町坂尻にて採集







.
[PR]

by shellsfukui | 2016-04-01 00:38 | クダマキガイ科 | Comments(0)
2016年 03月 06日

モミジボラ

b0168000_21114983.jpg


モミジボラ inquisitor jeffreysi

 内湾の砂底に住むクダマキガイの仲間で、敦賀湾、若狭湾ではあちこちで見られる。

 写真の標本は敦賀市赤碕海岸にて採集





.
[PR]

by shellsfukui | 2016-03-06 21:25 | クダマキガイ科 | Comments(0)
2010年 07月 30日

フデシャジク

b0168000_1265195.jpg


フデシャジク Daphnella mitrellaeformis

 筆車軸・・・?筆の穂先のようなシャジクガイの仲間と言う意味だろうか?
 シャジクガイの由来は、貝の太くてどっしりした様子を車軸(今なら車のシャフトだわね)に見立てたものと聞いているが、フデシャジクは華奢な貝殻です。

 ちなみにこの貝、オレには同定できず、OKUYAMA先生に助けてもらいました。
 ありがとうございます。

 写真の標本は坂井市浜地で採集
[PR]

by shellsfukui | 2010-07-30 12:05 | クダマキガイ科 | Comments(0)