カテゴリ:タマガイ科( 7 )


2014年 01月 01日

オリイレシラタマ

b0168000_1642312.jpg


オリイレシラタマ Sigatica bathyraphe

 写真にもあるように小型で白色で殻の薄いのタマガイ類。
 福井では水晶浜と坂尻で見たことがある。

 写真の標本は美浜町水晶浜で採集
[PR]

by shellsfukui | 2014-01-01 00:41 | タマガイ科 | Comments(2)
2013年 12月 01日

ネコガイ

b0168000_12224891.jpg


ネコガイ Eunaticana papilla

 球形の多いタマガイの中では、縦に伸びた感じがあり、特徴的なシルエットがある。
 殻は薄く白色で、打ち上げ貝では白いものが多いが、新鮮な個体には、籾殻色の殻皮がある。
 殻の表面には螺条が細かく彫刻されている。

 写真のの標本は美浜町水晶浜で採集
[PR]

by shellsfukui | 2013-12-01 00:27 | タマガイ科 | Comments(0)
2013年 02月 02日

フクロガイ

b0168000_17543223.jpg


フクロガイ Sinum javanicum

 扁平になったツメタガイの仲間で、真上から見ればタマガイの仲間だが、横から見たイメージはアワビに近い。
 殻頂は小豆色に染められていて、殻は白色だが、薄い黄土色の殻皮がある。

 美浜町水晶浜で採集
[PR]

by shellsfukui | 2013-02-02 18:06 | タマガイ科 | Comments(2)
2012年 12月 01日

ヒメツメタ

b0168000_17415886.jpg
b0168000_17421473.jpg


ヒメツメタ Glassaulax vesicalis


 ツメタガイに似ているが、殻が薄く、華奢な殻をもっているために軽く、ツメタガイのように重厚ではない。

 坂井市浜地にて採集
[PR]

by shellsfukui | 2012-12-01 00:01 | タマガイ科 | Comments(0)
2012年 11月 01日

ツメタガイ

b0168000_1620896.jpg
b0168000_16202468.jpg


ツメタガイ Glassaulax didyma

 殻が大きくて分厚いタマガイ類の代表。福井県各地の海岸で見られ、卵嚢・砂茶碗も見られる。
 他の二枚貝などを歯舌で円形の孔をあけ、そこから軟体部を喰う。

 写真の標本は坂井市浜地にて採集
[PR]

by shellsfukui | 2012-11-01 00:00 | タマガイ科 | Comments(4)
2012年 10月 01日

フロガイダマシ

b0168000_1443833.jpg


フロガイダマシ Naticarius concinnus

 福井では若狭、越前のどちらでも見られる。
 フロガイに似ているが、殻口内が白いのがフロガイで、着色しているのが本種。

 写真の標本は三浜町坂尻にて採集
[PR]

by shellsfukui | 2012-10-01 00:41 | タマガイ科 | Comments(2)
2012年 09月 01日

ウチヤマタマツバキ

b0168000_10442135.jpg


ウチヤマタマツバキ Polonices sagamiensis

 海底の砂底にすむタマガイ類で、殻は非常に厚く、写真のような磨耗固体が目立つ。
 さい孔は黒色でC型になる。

 写真の標本は坂井市浜地にて採集
[PR]

by shellsfukui | 2012-09-01 18:43 | タマガイ科 | Comments(4)