福井の打上げ貝

fukuishell.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:トウカムリ科( 3 )


2009年 03月 31日

タイコガイ

b0168000_23322817.jpg


タイコガイ Phalium bandatum

 同じトウカムリ類のカズラガイとウラシマガイを足して2で割ったような貝。
 幼貝は外唇(殻の口部分)のめくれが見られない。

 福井では嶺北の海岸に多く産する。特に幼貝が多い。

 写真の標本は坂井市三国町で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-03-31 15:45 | トウカムリ科 | Comments(6)
2009年 03月 29日

カズラガイ

b0168000_21182322.jpg

b0168000_23224090.jpg


カズラガイ Phalium flammiferum

 丈夫な貝殻で、嶺北の海岸でよく拾えるトウカムリ類。
 白い殻にオレンジ色の縦縞が目立ち、美しい貝だね。

 荒れた後には生貝が多く打ちあがることがある。美しい生貝を拾って中身を抜こうと努力したが難しくて諦めたことがある。また生貝が腐るとその臭いはキツい。(まぁ貝全般に腐れば臭いのだが)

 写真の標本は坂井市三国町で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-03-29 23:24 | トウカムリ科 | Comments(13)
2009年 03月 29日

ウラシマガイ

b0168000_21202152.jpg


ウラシマガイ Semicassis bisulcata

 卵形をした殻がやや薄めのトウカムリ類で、打上げ貝では殻頂の欠けが多い。
 殻全体に四角い斑紋が整然と並ぶのがかわいい。

 ウラシマガイの由来は浦島太郎から来ているのだろうか?

 写真の標本は坂井市三国町で採集
 
[PR]

by shellsfukui | 2009-03-29 23:23 | トウカムリ科 | Comments(6)