福井の打上げ貝

fukuishell.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2009年 04月 26日

チゴバカガイ

b0168000_205763.jpg


チゴバカガイ Mactra nipponica

 バカガイに似ているが、そんなに大きくならず、特に殻の放射彩がハッキリした美しい貝
 学名にニッポニカとあるので、日本近海の固有種だろうね。

 写真の標本は福井市三里浜砂丘で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-04-26 10:33 | バカガイ科 | Comments(4)
2009年 04月 24日

アリソガイ

b0168000_20455356.jpg


アリソガイ Coelomactra antiquata

 殻頂周辺が薄紫色になるバカガイの仲間。
 貝は大きくなり、10センチを軽く超す個体も多いが、殻は薄めで割れやすい。

 写真の標本は坂井市三国町で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-04-24 19:21 | バカガイ科 | Comments(2)
2009年 04月 22日

クリイロカメガイ・ササノツユ

 カメガイ類はみな浮遊性・・・北海名物のクリオネも近い仲間でハダカカメガイである。
b0168000_23584976.jpg


 左がクリイロカメガイ・Cavolinia uncinata

 右がササノツユ・Diacavolinia longirostris

 どちらも数ミリの小さくて脆い貝殻・・・打ち上げられて濡れている間は、微小貝ラインに留まっているが、乾燥してくると風に舞い、どこかに飛ばされてしまい、なかなか見つけにくい貝でもある。
 見つけるコツは、微小貝ラインを作るオンショアの風が吹くとき、濡れた微小貝ラインを丁寧に探すことだ。

b0168000_052854.jpg

 これもササノツユ。エージングが進むと、表面が擦れたりして、透明感が弱くなり白っぽい感じになってしまいます。

写真の標本は福井市三里浜砂丘で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-04-22 18:03 | カメガイ科 | Comments(4)
2009年 04月 18日

モモノハナガイ

b0168000_20152341.jpg


モモノハナガイ Moerella jedoensis

 エドザクラとも言われ、一般的には桜貝と思われている貝
 細かな識別ができないわたしには、苦手な桜貝類なのだ。

 写真の標本は福井市三里浜砂丘で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-04-18 22:24 | ニッコウガイ科 | Comments(0)
2009年 04月 18日

シラオガイ

b0168000_20262988.jpg


シラオガイ Circe scripta

 殻はやや厚めだが、ふくらみはとても少ない。
 殻表には規則的な輪脈があり、濃い褐色をした2本の放射帯の個体が図鑑などで図示されているが、写真のように無地や網目模様もあって、バリエーションは豊富だね。

 写真の標本は美浜町にて採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-04-18 11:14 | マルスダレガイ科 | Comments(2)
2009年 04月 15日

ケマンガイ

b0168000_20501344.jpg


ケマンガイ Gafrarium divaricatum(写真上と右下)
Gafrarium sp (写真左下)
 殻表に分岐状の放射肋、この模様はVが幾重にも重なったように見える。
 殻は厚めだが、ふくらみは弱い。

 写真の標本は美浜町で採集

 貝に詳しいzaimokuzaさんから、右下の写真はケマンガイではなく、ホソスジイナミガイではないかとのご指摘を頂いた。
 近海図鑑など、いろいろあたってみたのですが、はっきりしませんでした。
 ただ、シルエットや内側はケマンガイに極めて似ているので困ってしまいました。
 そんなわけで上記のようにspにしておきます。
[PR]

by shellsfukui | 2009-04-15 18:17 | マルスダレガイ科 | Comments(4)
2009年 04月 13日

ハナガイ

b0168000_20411631.jpg


ハナガイ Placamen tiara

 小さな殻で、ふくらみは弱く、殻頂は前に曲がっている。
 殻表には板状の輪肋が目立ち、その上に放射彩が見られる。

 写真の標本は美浜町水晶浜で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-04-13 18:11 | マルスダレガイ科 | Comments(6)
2009年 04月 12日

マツヤマワスレ

b0168000_210766.jpg


マツヤマワスレ Callista chinensis

 殻表には光沢があり、紫色を帯びたものは美しい。
 ただ殻表の色にはバリエーションがあり、「八字型」の放射彩がある個体もある。

 写真の標本は福井市鷹巣海水浴場で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-04-12 15:33 | マルスダレガイ科 | Comments(2)
2009年 04月 12日

ワスレガイ

b0168000_2092869.jpg


ワスレガイ Cyclosunetta menstrualis

 殻は分厚く、ふくらみは少ない。
 殻の表面には紫色の文様が見られるが、新鮮な打上げ貝では、薄茶色の殻皮に被われている。

 忘れ貝・・・と和歌にもうたわれたが、それはワスレガイを指すものではないようだ。

 写真の標本は福井市三里浜砂丘で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-04-12 15:33 | マルスダレガイ科 | Comments(4)
2009年 04月 10日

マルヒナガイ

b0168000_19372339.jpg


マルヒナガイ Phacosoma troscheli

 ヒナガイに似ているが、識別のポイントは月面にある。
 マルヒナガイの月面は深く、褐色をしている。

 写真の個体は殻表、殻内側の褐色が強いものだが、白いものもある。

 写真の標本は坂井市三国町で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-04-10 22:56 | マルスダレガイ科 | Comments(0)