福井の打上げ貝

fukuishell.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 26日

ムラサキインコ

b0168000_22323015.jpg


ムラサキインコ Septifer virgatus

 ムラサキイガイに似ているが、やや縦に長く、黄色の矢印で示した部分に隔板があることで、区別ができる。

 写真の標本は福井市三里浜砂丘で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-07-26 00:11 | イガイ科 | Comments(0)
2009年 07月 18日

ムラサキイガイ

b0168000_22224543.jpg


ムラサキイガイ Mytilus galloprovincialis

 足糸で岩礁部、ブイ、船体などに付着している外来種だったが、今では広く全国に分布している。
 外側は黒色で内側は真珠光沢がある。
 エージングした固体の外側は紫色が強くなる。
 黄色の矢印で示した部分に隔板が無いことで、ムラサキインコと見分けられる。

 写真の標本は福井市三里浜砂丘で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-07-18 20:56 | イガイ科 | Comments(2)
2009年 07月 13日

イガイ

b0168000_22414174.jpg


イガイ Mytilus coruscus

 ムラサキイガイに似ているが、殻は分厚くて外の殻色は黒味が強い。またエージングした固体でも紫色っぽくならない。またこの貝はうまい!

 写真の標本は福井市三里浜砂丘で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-07-13 20:36 | イガイ科 | Comments(2)
2009年 07月 08日

ケイトウガイ

b0168000_15515898.jpg


ケイトウガイ Chama dunkeri

 この仲間は、カキ同様に左殻で付着するのがほとんど。
 ケイトウガイも左殻で付着するため、この標本は右殻になる。

 写真の標本は水晶浜で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-07-08 22:58 | キクザルガイ科 | Comments(2)
2009年 07月 01日

ミタマキガイ

b0168000_20513572.jpg


b0168000_20515157.jpg


ミタマキガイ Glycymeris imperialis
 写真右:ミタマキガイ、左:タマキガイ

 ミタマキガイはタマキガイに比べ丸っこい。
 ミタマキガイは昭和天皇が採集され、1934年に記載された。和名の由来は、最も近い種類がタマキガイなので、それに敬語の「御」を冠したものであろう。
 学名のimperialisも同じように名づけられたもの。

 標本は福井県坂井市で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-07-01 19:46 | タマキガイ科 | Comments(2)