2015年 07月 01日

サカマキガイ

b0168000_20171755.jpg


サカマキガイ Physa acuta

 有肺目サカマキガイ科に分類される淡水産の巻貝
 元々は外来種で、観賞魚とともに、「水槽の掃除をしてくれる」という触れ込みで移入されたようだ

 美浜町坂尻の貝ラインで見られたので、近くの陸水で繁殖し、河川を通して海に流れ込んだものと思われる。




 
[PR]

# by shellsfukui | 2015-07-01 06:12 | サカマキガイ科 | Comments(0)
2015年 06月 01日

マメウラシマ

b0168000_23405688.jpg


マメウラシマ Ringicula doliaris

 内湾の砂泥底に生息する微小貝で、敦賀湾あたりで見かける。

 写真の標本は敦賀市で採集
[PR]

# by shellsfukui | 2015-06-01 06:38 | マメウラシマ科 | Comments(0)
2015年 05月 01日

ミガキボラ

b0168000_951244.jpg


ミガキボラ Kelletia lischkei

 打ち上げの殻は分厚く、紡錘型のシルエットをしています。
 表面の螺肋は非常に浅くて、平滑なところから、ミガキボラの名前がつけられたのだろう。

 写真の標本は美浜町で採集
[PR]

# by shellsfukui | 2015-05-01 09:03 | エゾバイ科 | Comments(0)
2015年 04月 01日

タテスジホオズキガイ

b0168000_2262474.jpg


タテスジホオズキガイ Terebratulina japonica

 このタテスジホオズキガイは、「ガイ」と和名がありますが、二枚貝ではなく、Brachiopada・腕足類の殻です。
 パッと見た目には、放射状の肋があるので、二枚貝に間違えやすく、敦賀湾ではふつうに見かけるので貝ではありませんが、紹介しています。

 敦賀湾では、横浜、赤碕、手、色ヶ浜などで打ち上げを見ることがあります。
[PR]

# by shellsfukui | 2015-04-01 06:05 | 腕足類 | Comments(0)
2015年 03月 01日

カイコガイダマシ

b0168000_9331746.jpg

カイコガイダマシ Liloa porcellana

 頭盾目(とうじゅんもく)に入れられるカイコガイダマシは、カイコガイよりも小型で、およそ1cmほどの殻長となる。
 珍しい貝ではないが、微小貝ラインが無いと、見つけることはむつかしい。
 若狭や越前で普通に見られます。
[PR]

# by shellsfukui | 2015-03-01 09:42 | ブドウガイ科 | Comments(0)
2015年 02月 01日

ビワガイ

b0168000_21343144.jpg

ビワガイ Ficus subintermedia
 果物のビワの形に似たことから、この名前がつけられたものでしょうね。
 福井県下では、若狭地方では見たことがありません。
 三里浜、浜地など北部で見られる貝です。
[PR]

# by shellsfukui | 2015-02-01 09:33 | ビワガイ科 | Comments(5)
2015年 01月 01日

フジナミガイ

b0168000_1983455.jpg
b0168000_1984449.jpg


フジナミガイ Soletellina boeddinghausi
 紫色の二枚貝で、殻はイソシジミよりも長く、ムラサキガイよりも短い
 新鮮な個体には茶褐色の殻皮がある

 写真の標本は敦賀市にて採集
 
[PR]

# by shellsfukui | 2015-01-01 07:07 | シオサザナミ科 | Comments(0)
2014年 12月 01日

クロマキアゲエビス

b0168000_21215698.jpg


クロマキアゲエビス Claculus microdon

 顆粒の感じがナツモモに似たニシキウズガイ類.殻表面は暗色で、殻頂辺りが淡色になり殻高はナツモモほど高くない。

 写真の標本は美浜町にて採集
[PR]

# by shellsfukui | 2014-12-01 07:20 | ニシキウズガイ科 | Comments(0)
2014年 11月 01日

コシロガイ

b0168000_18122589.jpg


コシロガイ Acar plicata

 小さなフネガイの仲間である。(スケールはミリ単位)
 殻は小さいが厚めで、表面には強い布目状の彫刻が現れる。特に稜角後部では鰭状となる。

 標本は敦賀市にて採集
[PR]

# by shellsfukui | 2014-11-01 06:10 | フネガイ科 | Comments(0)
2014年 10月 01日

ミノエガイ

b0168000_17342371.jpg


ミノエガイ Samacar pacifica

 新鮮なものは殻皮が著しいが、、磨耗によって殻皮を失うと、表面には美しい彫刻が現れる。
 写真の標本は美浜町水晶浜にて採集
[PR]

# by shellsfukui | 2014-10-01 23:33 | フネガイ科 | Comments(0)