福井の打上げ貝

fukuishell.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 11日

マガキガイ

b0168000_1123622.jpg
b0168000_11232696.jpg
マガキガイ Strombus luhuanus

 ちゃんばら貝とも言われる。浅い岩礁の貝で美味!(笑)
 マガキガイの名前は、竹や柴を粗く編んだ垣の模様をもつことから、名づけられたようだ。
 福井県三浜町にて採集



 最初はイモガイかと思っていた磨耗した貝があった。貝に詳しい人に教えられ、スイショウガイの仲間と教えてもらった。そして絵合わせの結果、それに近いヤサガタムカシタモトで記事にした。その後も他の方からマガキガイではないかとのご指摘を受け気にはしていた。やっとまともな貝が見つかり、マガキガイでした。waraさん、ありがとうございます。
 前の記事は、マゼンタ色で下記にあります。この磨耗個体も全てマガキガイでしょう。





 ずっとイモガイ類と思っていた貝があった。思い込むと、袋小路から抜け出せないものだ。

b0168000_21362489.jpg


b0168000_2136426.jpg

ヤサガタムカシタモト Canarium microurceum

 上の写真は磨耗が激しく、わたしには同定不能だった。
 下の写真でも頑張ってみたが、コレ!というヤツにはお目にかかれない。
 いくつもの図鑑で、イモガイを探したが、よく分からなかった。

 「不明種」とタイトルを入れてアップしたところ、mixiで知り合った貝に詳しいエビスさんから「ヤサガタムカシタモトの幼貝では・・・」とアドヴァイスをいただいた。
 早速、図鑑と実物を照らし合わせ・・・ビンゴ!!!
 1947年に発行された福井県産貝類目録、それに1986年の敦賀湾産貝類目録にも、イモガイ科はオルビニイモしか掲載されておらず、???って思っていましたからね。

 エビスさん、ありがとうございます。ずっと引っかかっていた貝の名前が分かり、胸のつかえがとれました。

 写真の標本は美浜町で採集

[PR]

by shellsfukui | 2013-02-11 11:40 | スイショウガイ科 | Comments(5)
Commented by akihiko1998 at 2009-03-24 10:44 x
新ブログの立ち上げおめでとうございます!これから楽しみに拝見させていただきますね。日本海側の貝ならばわたしもいずれ出会うかもしれません。
さて写真のイモガイ類、南方系に疎いわたしにはわかりませんが、タフォノミー(化石成因論)の視点からは多いに興味があります。
Commented by beachcomberjp at 2009-03-24 18:08
akihiko1998さん、
 先ほどまでイモガイ類・・・ってあったのが、いきなり変っちゃいました。詳しい方々がみえるので助かります。
 前に教えていただいたウズイチモンジ、あれから覚えていますよ。
 日本海側の貝なのでコレから共通種もいくつか登場しますよ!ご期待ください。
 またおかしな同定あれば、ぜひ教えてくださいね。
Commented by wara- at 2011-11-18 00:05 x
はじめまして。

ヤサガタムカシタモトの幼貝を実際に見たわけではないのではっきりわからないのですが、
写真の貝は同じスイショウガイ科のマガキガイの幼貝じゃないでしょうか?
Commented by beachcomberjp at 2011-11-18 20:15
waraさん、
 コメントありがとうございます。 この貝、オレには同定が難しく、皆さんに教えてもらってやっています。
 言われるように、シルエットはマガキガイにも似ており、そのあたりの可能性もあると思います。
 ただ、これだけ幼貝がみられるのに、マガキガイ成貝が全くみられません。そんなわけで、教えていただいた和名をつけております。

 これからもよろしく。

Commented by wara- at 2011-11-18 21:09 x
こちらこそよろしくお願いします。
これからもこちらにコメント書かせていただくことがあるかもしれません。

マガキガイについてなのですが私は福岡の玄海灘で打ち上げ貝を採集していて
マガキガイも結構拾うのですが私も成貝は打上げで見たことが無いです。
大分、熊本辺りから南では成貝は見られるみたいなので成貝になってからは南下するのかもしれません。
写真の貝の内唇にこげ茶色のライン、そのラインから内側がクリーム色、
2枚目の写真の左2つはマガキ模様が見られマガキガイ幼貝に酷似していたので気になり
コメントさせていただきました。


<< オキナガイ      フクロガイ >>