福井の打上げ貝

fukuishell.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 27日

カモンダカラ

b0168000_9524824.jpg

カモンダカラ Cypraea helvola

 殻は厚めで、背面には斑紋、腹面が黄褐色っぽく彩られる。

 福井県下での分布域は広くないように思う。嶺南の一部地域で見たことがあるが、嶺北では見たことが無い。

 写真の標本は小浜市で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-03-27 21:21 | タカラガイ科 | Comments(2)
Commented by とおこ at 2009-03-27 23:39 x
タカラガイが次々アップされてうれしい次第です^^
チャイロキヌタやメダカラ、カモンダカラなど、
こちらでも目にするタカラガイが日本海側でも
拾うことができるんですね。
暖流ってすごいですね^^
Commented by beachcomberjp at 2009-03-27 23:58
とおこさん、
 残念ながら、わたしの見た範囲では、タカラガイこれで完了なのです。
 もちろん対馬暖流も入っていますが、冬場の寒さは厳しいものなのでしょう。
 美しいタカラガイの多くは冬の終わりか春先に拾っています。


<< アコヤガイ      チャイロキヌタ >>