福井の打上げ貝

fukuishell.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 19日

ハナイタヤ

b0168000_07517.jpg

ハナイタヤ Pecten sinensis

 イタヤガイ類の貝殻は殻が丸く膨らんだ右殻と、平らな左殻で成り立っています。

 写真にあるのは模様がエキゾチックなハナイタヤの左殻です。
 イタヤガイに比べ、殻の内側に向かって凹んでいるのが特徴です。

 写真の標本は三里浜砂丘で採集
[PR]

by shellsfukui | 2009-05-19 20:54 | イタヤガイ科 | Comments(2)
Commented by ぱんだ at 2009-05-21 19:03 x
ハナイタヤの丸く膨らんだ右殻は、今冬、数個拾いましたが左殻は拾っていません。

※拾ったイタヤガイの中に入っているのかもしれませんが?
Commented by beachcomberjp at 2009-05-21 21:03
ぱんださん、
 ハナイタヤの左殻、小ぶりなヤツはすでに拾ってみえるのでしょうね。
 大きなサイズのハナイタヤ左殻はまだ拾っていません。


<< イタヤガイ      シナハマグリ >>