福井の打上げ貝

fukuishell.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 15日

ヒラカモジガイ

b0168000_13211748.jpg



ヒラカモジガイ  Lutraria sieboldii

 殻は長楕円形に広がり、殻は薄い。前後は開き、後方がより開く。

 写真の標本は福井市三里浜砂丘で採集
[PR]

by shellsfukui | 2010-04-15 23:51 | バカガイ科 | Comments(10)
Commented by SIDATAMI at 2010-04-16 17:42 x
写真を見ると、とても薄い貝のようですね。
写真のは小型でかわいいです。カテゴリを見て驚いたんですが、え?バカガイ科ですか?うっそ~!!!(本当・・・
弾帯受はきっとバカガイ科のですね~
Commented by 貝援隊 at 2010-04-16 19:40 x
輪郭だけを見ていると、むしろオオトリガイの可能性が高いようですが・・・検討してみる価値はあると思います。
Commented by beachcomberjp at 2010-04-16 20:47
SIDATAMIさん、

 はい、薄いですよ。雰囲気的にはベニガイの感じ(薄さがね)でしょうか。
Commented by beachcomberjp at 2010-04-16 20:48
貝援隊さん、
 ありがとうございます。
 わたしもその線があると思っていました。
 ただ、オオトリガイで内側にみられる内肋が全く見当たらないので、こうなりました。
 オオトリガイの幼貝はどうなってるのでしょうか?
Commented by ぱんだ at 2010-04-17 00:00 x
2枚貝では似たような種が多いので、私には区別することが出来ないものもまだまだ有ります。
この貝も、これまでに拾った中に有るのかもしれませんが、同種として同定したことは有りません。
(未同定のままで、しまいこまれた貝が沢山有りますので。)
Commented by 貝援隊 at 2010-04-17 14:38 x
むつかしくて困りますね。
歯とか套線を細かく見たわけではないのですが内面も外面も、肋の有無を含めて恐らく彫刻では区別は困難と思ってましたが・・・
ただ、画像の貝は、前背縁と後背縁の長さのバランスを見たとき割合前背縁が長いな、と。そうすると、オオトリかいな、その程度です。当然ヒラカモジの可能性もありますよ。
Commented by のら at 2010-04-17 21:48 x
貝の種類分類についてはまったくの素人なのですが…。「かもじ」っていう言葉、私達より若い世代には何のことか分からないのではないでしょうかね…。なんだか凄く久しぶりに聞いた言葉でした…。
Commented by beachcomberjp at 2010-04-18 08:57
ぱんださん、
 貝は数も多く、バリエーションもあるので、ホント難しいですね。いいかげんに名前をあてているので、こうしてイロイロ教えてもらえるのでたすかります。
Commented by beachcomberjp at 2010-04-18 08:58
貝援隊さん、
 こうして教えてもらえるので、ブログのコメント機能は役に立つと思っています。
 これからもどうぞよろしく。
Commented by beachcomberjp at 2010-04-18 09:01
のらさん、
 かもじ・・・今の言葉で言えば、ウィックでしょうかね。
 日本髪を結うときに使ったかもじ・・・ワニグチモダマの鰐口と同じように、絶滅危惧でしょうね。


<< ユキノカサ      コウダカアオガイ >>