福井の打上げ貝

fukuishell.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 07日

コモンダカラ

b0168000_16365963.jpg
b0168000_16372246.jpg
b0168000_16373889.jpg


コモンダカラ Cypraea erosa

 中型のタカラガイで、福井の海岸では初めての個体。側面には大黒褐色班がある。
 この学名のerosaは、もちろんエロスから来ているもので、この形状から連想された物であろう。

 写真の標本は坂井市浜地海岸で採集。
[PR]

by shellsfukui | 2010-11-07 21:32 | タカラガイ科 | Comments(2)
Commented by ぱんだ at 2010-11-09 20:23 x
こんな立派なのがひろえるとは!
同じ頃、私もここを歩きましたが気が付きませんでした。
きっと、有ると思っていなかったこともあり、見落としたのでしょうね。
これからは、次第に数が増えるのか?
様子をみたいと思います。
Commented by beachcomberjp at 2010-11-09 20:29
ぱんださん、
 しっかり成長していましたので、温暖化もホンモノでしょうね。(笑)
 これからは増えてくると思いますよ。


<< ベッコウガサ      キクノハナガイ >>