福井の打上げ貝

fukuishell.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 09日

ヒラフネガイ

b0168000_23203398.jpg


ヒラフネガイ Ergaea walsi

 殻は白色で薄い。長円形の円盤に隔板が舌状についている。

 写真の標本は福井市三里浜砂丘で採集
[PR]

by shellsfukui | 2011-08-09 23:01 | カリバガサガイ科 | Comments(4)
Commented by ぱんだ at 2011-08-11 21:18 x
この貝は識別出来ていません。
これにより、拾った中にあるのかもしれませんが拾ったという認識は無いです。
Commented by beachcomberjp at 2011-08-12 22:27
ぱんださん、
 何かの巻き貝の蓋?って感じの白い貝です。一度コレクションボックスを探ってみてください。
Commented by sidatami at 2011-08-19 21:00 x
二枚貝の片殻に見えますが巻貝なんですね。
フネガイというとエゾフネガイやシマメノウフネガイを思い浮かべますが、
この貝も石や貝殻に付着するのでしょうか?
Commented by beachcomberjp at 2011-08-25 14:02
sidatamiさん、
 そうです、こんでも巻貝なんですよね。
 これ、ヤドカリのいた貝殻の入り口あたりに付着してますよ。


<< キリオレ      ヒメヨウラク >>