福井の打上げ貝

fukuishell.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 23日

イトマキヒタチオビ

b0168000_2014513.jpg


イトマキヒタチオビ  Fulgoraria hammillei

 殻頂にある胎殻が目立つヒタチオビの仲間。 殻表面にある稲妻模様は、イナズマヒタチオビのように連続することはない。
 写真の標本は、坂井市浜地海岸で採集
[PR]

by shellsfukui | 2012-03-23 20:19 | ヒタチオビ科 | Comments(8)
Commented by ことまる at 2012-03-23 21:38 x
すごいです。
殻頂が完全に残っていて、他に穴ひとつないとは・・・美しいです。
Commented by beachcomberjp at 2012-03-24 19:48
ことまるさん、
 ずいぶん通って、これ1個ですからね~!!(笑)

Commented by ぱんだ at 2012-03-25 20:41 x
これは綺麗な状態ですね。
Commented by beachcomberjp at 2012-03-25 23:28
ぱんださん、
 はい、打ち上げでは、頭の玉の有無って大きいですよね。(笑)
Commented by sidatami at 2012-03-30 17:40 x
完璧な個体!やはり何年も通い続けることに意味があるのですね。
ヤドカリリレー、ロマンチックです。
Commented by beachcomberjp at 2012-03-30 23:56
sidatami さん、
 そう、ヤドカリリレーによるものだと思います。
 この場所、けっこう大きめの巻貝が揚がる場所で、中にヤドカリの入ったヤツもけっこうあります。でも、こんなヤツはこれ1個!(笑)

Commented by wara- at 2012-04-16 00:01 x
今年の冬~春はこの貝に非常に縁がありましたがここまで綺麗な打上げ貝は見たこと無いです。
付着物どころかゴカイ類?に空けられた穴すら無いみたいですね。
打上げのイトマキヒタチオビには付着物と穴が付き物だてんと思っていたのですが…
Commented by beachcomberjp at 2012-04-22 19:39
waraさん、
 これまでいくつもイトマキヒタチオビを見ていますが、打ち上げでコレは奇跡的に美しいヤツだとおもいますよ。内側にカキの付着も無く、クリーニングをしてませんから。


<< カコボラ      アシガイ >>